一部のユーザーは、仕事の性質上、ワイヤレスネットワークタイプと有線ネットワークタイプの両方を使用する必要があります。 イーサネットは、ワイヤレス接続と比較してより高速なネットワーク速度を提供します。 ソフトウェアのダウンロードが多いため、または接続を高速化するためにインターネットを高速で使用する必要がある場合は、イーサネット(有線接続)を使用する必要があります。 デフォルトでは、Windowsは接続されているネットワークアダプタごとに自動優先度を設定します。

自分のニーズに応じてアダプタの優先度を設定したい場合は、この記事がぴったりです。 WiFiとイーサネットの両方が接続されている場合にイーサネットに高い優先度を自動的に設定する方法について説明します。 WiFiの優先度をイーサネットより高く設定する場合は、同じ設定を適用できます。

ネットワークアダプタ設定を構成する

以下は、イーサネットLANケーブルを使用しているときにWifiを自動的に無効にするように設定を構成するいくつかの手順です。

  1. システムトレイアイコンから接続されたWifiを右クリックし、「ネットワークと共有センターを開く」に移動します。
  2. ネットワークを示すウィンドウが開きます。 接続されているWifi接続をクリックします。 Wifiステータスウィンドウが開きます。 それらを表示するには、そのプロパティに移動します。
  3. 通信網 タブをクリックします 構成、設定 ボタン。
    イーサネットLANケーブルが接続されているときにWiFiを自動的にオフにする5つの方法3
  4. 新しいポップアップウィンドウが開き、ワイヤレスアダプタのプロパティが表示されます。 そのに行く 高度 タブ。 また、「有線接続時に無効にする」オプションを有効にします。

一部のユーザーは、ワイヤレス接続のネットワークアダプターがこの機能またはサポートをサポートしていないため、このオプションを使用できません。 このオプションがない場合は、別の解決策を選択できます。

WLANマネージャー

WLAN Managerは、LANケーブルネットワークに接続している場合にワイヤレス接続を実行して自動的に無効にするスケジュールされたタスクであり、最速の接続を提供します。 また、LANケーブルから切断すると、WLANマネージャーはワイヤレス接続を再度有効にして接続します。

WLAN Managerは基本的に、Powershellコマンドが含まれているファイルです。 最新のリリースでは、Windows 7、Windows 8.1、およびWindows10のサポートが追加されています。

ここからWLANManagerをダウンロードします

ネットワークアダプタの優先度を設定する

要件とニーズに応じて、ネットワークの優先度を高く、低く設定できます。

広告

  1. 接続しているネットワークのトレイアイコンを右クリックして、「ネットワークと共有センター」に移動する優先順位を設定します。
    イーサネットLANケーブルが接続されているときにWiFiを自動的にオフにする5つの方法1
  2. ウィンドウの左側のペインで「アダプタ設定の変更」をクリックします。
    イーサネットLANケーブルが接続されているときにWiFiを自動的にオフにする5つの方法5
  3. Altキーを押すと、メニューバーが開きます。 「詳細」、「詳細設定」の順に移動します。
    イーサネットLANケーブルが接続されているときにWiFiを自動的にオフにする5つの方法6
  4. 「詳細設定」の新しいウィンドウが開きます。 矢印を移動して、現在のネットワークの優先度を設定します。
    イーサネットLANケーブルが接続されているときにWiFiを自動的にオフにする5つの方法7

WirelessAutoSwitch

WirelessAutoSwitchは、LANケーブルネットワークに接続している場合はワイヤレス接続を自動的に無効にし、有線接続が無効になっている場合はワイヤレス接続を再度有効にするサードパーティのツールです。

ワイヤレスネットワークを探し、有効になっているかどうかを確認します。 次に、有線接続が有効になっているかどうかを確認すると、WirelessAutoSwitchによって無線接続が無効になります。 また、有線接続が無効になると、ツールは自動的に無線接続を有効にします。

試用期間は30日間です。 WirelessAutoSwitchツールが気に入った場合は、そのライセンスを購入できます。

ここからWirelessAutoSwitchをダウンロードします

BridgeChecker

BridgeCheckerは、ネットワークアダプタの設定を構成するのに役立つツールです。 イーサネットLANケーブルまたはWIFIを使用している場合は、他のネットワークを無効にすることで、それらのいずれかを自動的に切り替えます。 このツールは無料ではありません。試用期間として30日間使用できます。 BridgeCheckerが便利だと思ったら、ライセンスを取得して購入してください。

特徴

  • BridgeCheckerのインターフェースはシンプルで使いやすいです。
  • 一度に1つのネットワークを有効にします。
  • 有線接続に接続している場合は、ワイヤレス接続が無効になります。
  • ワイヤレス接続に接続している場合は、有線接続が無効になります。
  • BridgeCheckerを使用するには、管理者権限が必要です。
  • 32ビットと64ビットの両方のオペレーティングシステムをサポートします。
  • WindowsとMacでサポートされています。

ここからBridgeCheckerをダウンロードします

LANケーブル接続を使用している場合は、ワイヤレス接続を手動で無効にする必要があります。 上記の方法のいずれかを選択してください。これらのソリューションはきっとあなたを楽しませてくれます。 ありがとうございました