Windows用のSQLServer2019をダウンロードする

Microsoft SQL Server 2019ISOすべての言語をダウンロードする

オンプレミス、オンクラウド、またはオンAzureスタックを実行できるデータベース管理システムが必要ですか? Microsoft SQL Server2019はまさにあなたにぴったりです。 新しいSQLServer 2019は、ビッグデータクラスターの管理性、強化されたセキュリティ、および他のツールとの容易な統合をユーザーに提供します。 SQL Server 2019 Microsoftは、Microsoft SQL Server 2019の提供を発表しました。このプレビューは、開発言語とオペレーティングシステムを選択できる以前のバージョンに基づいて構築されています。 新しいDBServerには、SQL Serverから直接Oracle、Teradata、MongoDBなどの他のデータベースのクエリを有効にするなどの機能が付属しています。 このバージョンには多くの新機能があります。 新機能SQLServer 2019 ビッグデータクラスター 最新バージョンは、SQLServerユーザーのビッグデータ分析を簡素化します。 新しいSQLサーバーは、HDFS(Hadoop分散ファイリングシステム)とApache Sparkを組み合わせて、1つの統合システムを提供します。 データを抽出、変換、ロードせずに統合することにより、データ仮想化の機能を提供します。 ビッグデータクラスターのデプロイは困難ですが、Kubernetesインフラストラクチャを使用している場合は、1つのコマンドで約30分でビッグデータクラスターをデプロイできます。 マスターデータサービス(MDS) マスターデータサービスのSilverlightサポートは不要になりました。 HTMLコントロールは同じ機能を実行するようになります。 安全 新しいバージョンでは、高度なセキュリティサポートが提供されています。 安全なエンクレーブテクノロジーを使用してデータを暗号化します。 同様に、セキュリティ証明書のサポートも提供されており、管理者の役割を持つ唯一のユーザーがデータベースを変更できます。 マネージドインスタンスとハイパースケールストレージ SQLデータベースハイパースケールと呼ばれる新しいクラウドベースのアーキテクチャが導入されました。...
כיצד להוריד ולהתקין Realtek HD Audio Manager ומנהל התקן עבור Windows 10 2

Windows10用のRealtekHD AudioManagerとドライバーをダウンロードしてインストールする方法

Windows10コンピューターのRealtekHD Audio Managerに問題がありますか? オーディオマネージャーをダウンロード、インストール、または再インストールする方法に関する情報を提供して、サポートさせていただきます。 Realtek HD Audioは、DTS、ドルビー、およびサラウンドサウンドをサポートするシステムサウンド用のオーディオドライバーです。 Realtek HD Audioのインストールは必須ではありませんが、非常に役立ちます。 PCのオーディオ設定を管理するために使用されるアプリケーションはと呼ばれます RealTek HD Audio Manager。 このアプリケーションを使用すると、マイク/スピーカーの設定を構成したり、さまざまな効果音を試したりすることができます。 この記事では、Realtek HD Audio Managerをコンピュータにダウンロード、インストール、または再インストールするための完全なガイドとして役立ついくつかのメソッドをまとめました。 デバイスマネージャを使用してRealtekHDAudioを再インストールします デバイスマネージャを開きます。 これを行うには、Windowsキー+ X + Mを押すだけです。 ここに、いくつかのカテゴリのリストが表示されます。 現時点で調査する必要があるのは、サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラーのカテゴリです。 このカテゴリを展開すると、RealtekHDオーディオ定義オプションが表示されます。 Realtek...
画像41

Windows 10 HomeEditionでローカルユーザーを管理する方法

Windows 10で新しいユーザーを追加したり、既存のユーザーを管理したりすることは、通常、日常的な手順です。 ただし、ProfessionalエディションやEnterpriseエディションとは異なり、Windows 10 Home Editionの設定はわずかに異なるため、多くのユーザーが見つけにくい場合があります。 Windows 10 ProまたはEnterpriseを実行している場合は、次の場所に移動してローカルユーザーとグループコンソールにアクセスできます。 Run –> lusrmgr。 HomeエディションのユーザーをProまたはEnterpriseと同じ方法で管理する場合は、lusrmgrを個別にインストールする必要があります。 それ以外の場合は、このガイドに従って、何もインストールせずにWindows 10 HomeEditionでローカルユーザーを管理します。 Windows設定を使用してWindows10Homeでローカルユーザーを管理する 開始するには、次のパスに移動してください。 Start Menu -> Settings (装備) Icon -> Accounts -> Family...
特性

Windows10でローカルグループポリシーをリセットする2つの方法

Windows 10または以前のバージョンのWindowsでさえ、グループポリシーをリセットする直接のオプションはありません。 グループポリシーを適用し続けると、コンピューターに適用したポリシーを追跡することが困難になります。 この記事では、適用されているポリシーを特定する方法と、ポリシーをリセットしてシステムをデフォルト状態に設定する方法について説明します。 Windows 10 Homeを使用している場合は、Windows 10Home用のグループポリシーエディターをインストールする必要があることに注意してください。 グループポリシーは何に使用されますか? グループポリシーは、ユーザーのニーズに応じてシステム設定を変更するために使用されます。 さまざまなグループポリシーオブジェクトをさまざまなユーザーに適用できます。 グループポリシーには次の2種類があります。 ローカルグループポリシー ドメイングループポリシー ローカルグループポリシーを使用して、ローカルシステム設定を変更できます。 ローカルグループポリシーの範囲は、その特定のコンピューターのローカルユーザーです。 グループポリシーオブジェクトは、ローカルコンピューターポリシーまたはローカルユーザーポリシーのいずれかを使用して適用できます。 ドメイングループポリシーは、Windows Server ActiveDirectoryドメインコントローラーからそのドメインに接続されているコンピューターに適用されます。 これらは、通常sysadminsによって処理されるネットワーク全体のポリシーです。 広告 適用されているグループポリシーを確認するにはどうすればよいですか? コンピュータまたはユーザーにどのポリシーが適用されているかを知るには、2つの方法があります。 結果のポリシーセットを使用して、適用されたグループポリシーを確認します ユーザーまたはコンピューターに適用されているローカルポリシーを確認する最も便利な方法は、 結果として得られる一連のポリシー (RSOP)。 このツールはグループポリシーエディターと非常によく似ていますが、唯一の欠点は、ポリシーを編集できないことです。 さらに、プラス面は、適用または変更されたポリシーのみが一覧表示され、他のすべてのポリシーは表示されないため、ユーザーがすべてのポリシーを確認する必要がないことです。 実行に進み、入力します rsop.msc。 スキャンが完了すると(通常は約10秒かかります)、RSOPウィンドウが開きます。 ここから、左側のさまざまなフォルダー間を移動して、変更されたポリシーと、右側のペインでのそれらの構成を確認できます。 ポリシーをダブルクリックすると、ウィンドウが開きますが、設定はグレー表示され、編集できません。 コマンドプロンプトを使用して、適用されたグループポリシーを確認します ローカルコンピューターまたはユーザーに適用されているグループポリシーを確認する別の方法は、コマンドプロンプトを使用することです。 NS gpresult 関連情報を提供するために正しいパラメータとともに使用される便利なコマンドです。 ただし、RSOPと同様に、情報の表示のみであり、設定の変更には使用できません。 管理者権限でコマンドプロンプトウィンドウを開きます。 管理者として常にコマンドプロンプトを実行する方法は次のとおりです。 次のコマンドを入力して、適用されているポリシーを確認します。 コンピューターポリシーの場合:gpresult /Scope Computer...
リアルタイムでの変更についてフォルダを監視するための最良のツールの5つ2

リアルタイムでの変更についてフォルダを監視するための最良のツールの5つ

コンピュータでさまざまな操作を実行しているバックグラウンドで実行されている複数のプログラムがあり、追跡したい場合があるコンピュータにいくつかの変更を加えている可能性があります。 ウイルス対策やビデオストリーミングなどの一部のプログラムは、バックグラウンドで実行されています。 一部のプログラムは、ディスクへの書き込みを開始する場合もあります。 プロセスが毎秒ディスクにデータを書き込み続けるため、各変更を追跡することはできません。 機密性の高いフォルダがあり、その特定のフォルダで行われた変更を追跡したい場合は、この記事が役に立ちます。 読み続けてください! フォルダの変更を追跡するフリーウェアプログラムはたくさんありますが、フォルダの変更をリアルタイムで監視するための5つの最適なツールについて説明します。 4フォルダを見る Watch 4 Folderは、プログラムが監視しているフォルダーに対してさまざまなアクションを実行できます。 まず、ディレクトリのようなツリーからフォルダとサブフォルダを選択して、追跡します。 これで、ファイルの変更についてすべて通知されます。 フォルダの名前が変更された場合、削除された場合、作成された場合など、または空きメモリに変更が加えられた場合に通知されます。 また、デバイスが挿入または削除されているかどうかを監視します(USB)。 このツールは、システムアラートまたは画面に表示されるウィンドウによってアラートを提供します。 また、発生したイベントをファイルに保存することもできます。 実行可能ログファイルに保存できます。 異なる構成設定で異なるファイルを許可することもできます。 Download link: https://www.portablefreeware.com/?id=1820 FolderChangesView FolderChangesViewは、フォルダーアクティビティを監視するためのシンプルでアクティブなツールです。 プログラムが起動したら、監視するフォルダとそのサブフォルダのパスを指定する必要があります。 少し混乱する可能性のあるフォルダを参照するのではなく、パスを入力するように求められます。 フォルダ内で削除や挿入などの変更が行われた場合、ポップアップアラートは表示されません。フォルダの変更、作成、削除を示す3つの列を持つツールのメインウィンドウのすべての情報が表示されます。 広告 ドライブのすべてのアクティビティも表示されます。 たとえば、ルートディレクトリとそのすべてのサブフォルダを選択すると、ルートのディレクトリ全体が表示されます。 Download Link: https://www.nirsoft.net/utils/folder_changes_view.html ディレクトリモニター ディレクトリモニターは、ファイルの変更やそのフォルダーで行われた変更を監視できるツールです。 一度に複数の場所を処理できます。 必要に応じて、監視プロセスからファイルを除外したり、他のファイルを含めたりすることもできます。...
Windows102でバックアップするためにインストールされているプログラムのリストを取得する4つの方法

Windows10でバックアップ用にインストールされているプログラムのリストを取得する4つの方法

インストールされているプログラムのリストを保存することは、バックアップ戦略の重要な部分です。 突然、Windowsの障害やソフトウェアの問題が発生し、Windowsを再インストールする必要があるとします。 OSを再インストールすると、システムにインストールされているすべてのプログラムが失われます。 インストールされているソフトウェアのリストがある場合は、以前に使用していたプログラムを知ることで、簡単に再インストールできます。 この記事では、Windowsにインストールされているプログラムのリストを取得して保存する4つの異なる方法について説明します。 ここではWindows10に焦点を当てますが、これらの方法は以前のバージョンのWindowsで使用できます。 インストールされているプログラムのリストを取得する PowerShellコマンドを使用 ユーザーは、PowerShellで次の簡単なコマンドを入力することにより、インストールされているすべてのプログラムのリストを簡単に取得できます。 スタートメニューにPowerShellを記述し、最初に得られた結果を開きます。 次のコマンドをPowerShellに書き込みます Get-ItemProperty HKLM:SoftwareWow6432NodeMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstall * | Select-Object DisplayName、DisplayVersion、Publisher、InstallDate | Format-Table -AutoSize インストールされたすべてのプログラムのリストと、インストール日と発行元の名前がPowerShell画面に表示されます。 次のステップは、このリストをどこかにエクスポートすることです。 もう一度同じコマンドを貼り付け、このコマンドの後に書き込みます Get-ItemProperty HKLM:SoftwareWow6432NodeMicrosoftWindowsCurrentVersionUninstall * | Select-Object DisplayName、DisplayVersion、Publisher、InstallDate...
ダウンロードしたexeファイルを実行する

Intel Driver and SupportAssistantを使用して最新のIntelドライバをインストールする方法

Windows Updateは、最新のほとんどのデバイス用のドライバーを提供します。 Microsoftが提供するドライバーは、インストールや保守に何もする必要がないため、ユーザーにとって便利です。 Device manufacturers still provide the most reliable drivers for their devices. メーカー提供のドライバーは、デバイスのパフォーマンスと機能に適しています。 コンピューターにIntelコンポーネントが搭載されている場合は、Microsoftが提供するドライバーではなく、Intelのドライバーを使用する必要があります。 Intelはというプログラムを提供しています Driver and Support Assistant (以前はDriver Update Utilityと呼ばれていました)。 このプログラムを使用すると、コンピューター上のインテルコンポーネントがインテルの最新のドライバーソフトウェアで自動的に更新されます。 この記事では、...
改變解放軍

Windows10でプロセッサの電力を増減する方法

プロセッサの電力管理は、ラップトップのバッテリの持続時間、またはコンピュータが消費する電力量の重要な要素です。 最大CPUパワーを使用して、CPU速度を上げることができます。 反対に、プロセッサの不要な電力使用は、より多くのコストがかかり、ハードウェアの寿命を縮め、余分な熱を放散し、ラップトップの場合はバッテリ時間を短縮します。 この記事では、コンピューターの速度を低下させたり、コンピューターを過熱させたりしないように、正しい最小および最大電力使用量を設定することにより、CPUパフォーマンスを最適化する方法について説明します。 Windows10でCPU速度を増減します プロセッサーの状態 プロセッサの状態は、現在の機能によって定義されます。 現在、2つの異なるプロセッサ状態があります。 Pステート プロセッサは、通常の機能の間、P状態にあります。 これは、プロセッサの実行周波数を、最小量の電力を消費する電圧に対してスケーリングする方法です。 先に進む前に、プロセッサの周波数と電圧の概念を理解することが重要です。 2.2GHzや2.4GHzなどのプロセッサ周波数については過去に聞いたことがあります。これは、その特定のプロセッサがその機能を実行するクロック周波数です。 1秒で特定のタスクを実行する2.4GHzプロセッサの例を見てみましょう。 論理的には、周波数を半分に下げる場合、同じプロセッサに2秒かかるはずです。 これは、古い世代のプロセッサの場合でした。 ただし、新しいプロセッサはこのルールに従いません。 むしろ、それらは入力電圧を調整して、同じタスクを効率的に実行します。 したがって、各プロセッサには独自の定義済みPステートがあり、パフォーマンスを最適化してタスクを可能な限り迅速に完了するために、周波数と入力電圧を調整します。 広告 C状態 C状態はP状態ほど複雑ではありません。 プロセッサは、アイドリング時にC状態になります。 ただし、いくつかのC状態があり、それぞれが異なるタイプのプロセッサに制限されています。 C状態は、エネルギーを節約するためにプロセッサが遮断する機能に依存します。 停止する機能とプロセスが多いほど、より多くの電力が節約され、C状態が高くなります。 プロセッサーの電力管理 状態に関係なく、Windowsでは、ユーザーは状態ではなく、パーセンテージで最小および最大のプロセッサパワーを管理できます。 これにより、ユーザーはプロセッサのクロック速度を理解しやすくなります。 その後、電圧は理想的な消費電力に合わせて自動的に調整されます。 最小および最大プロセッサ状態はどうあるべきか NS Minimum Processor State アイドリング時にプロセッサの実行が許可される最小周波数を定義します。 デフォルトでは、Windows10は最小プロセッサ状態を5パーセントに設定します。 これは、0パーセントまで調整できます。 ただし、完全にアイドル状態のままにしたときに、コンピュータが設定されたパーセンテージを達成することを必ずしも意味するわけではありません。 NS...
Lägg till en funktion i Windows 10 version 2004

Windows 10 N / KNバージョン20H2にMediaFeaturePackをインストールする方法

Windows10バージョン1909N / KNおよびWindows10バージョン2004N / KNエディションと同様に、Windows 10バージョン20H2にも、オプション機能としてWindowsにあらかじめパッケージ化されたメディア機能パックが付属しています。 下記の方法で簡単に設置できます。 Windows 10 Nエディションには、ヨーロッパの法令順守のため、マルチメディア機能は付属していません。 同様に、Windows 10 KNエディションは、韓国の法律に準拠するためにリリースされました。 メディア機能パックをインストールしない限り、次の機能はWindows 10NまたはKNエディションでは機能しません。 ウィンドウズメディアプレイヤー Windows Media Format(ASF)およびその他の形式のビデオおよびオーディオ形式(MPEG、WMA、AAC、FLAC、ALAC、AMR、H264、H265、ドルビーデジタルオーディオコーデックなど)。 Windows MediaDRMコンテンツを再生する ネットワークを介して音楽、写真、またはビデオを共有する Grooveミュージック ボイスレコーダー Skype 上記の機能のいずれかが必要な場合は、最初にWindows Media FeaturePackをインストールする必要があります。 Windows 10 N / KNエディションでメディア機能パックおよびその他の不足しているマルチメディア機能をインストールおよびアンインストールする方法を示します。 Windows設定(Windowsキー+...
サイレントインストールヘルパーのバッチインストール

Windowsに複数のソフトウェアを自動的にインストールする(無人サイレントインストール)

新しいPCをセットアップするとき、私が最初に行うことの1つは、PCでの作業を開始するためにインストールする必要のあるいくつかの必要なソフトウェアをインストールすることです。 これには、お気に入りのブラウザー、FTPツール、インスタントメッセンジャー、生産性アプリ、Office 2013などが含まれます。複数のPCで作業し、クライアントPCにオペレーティングシステムを頻繁にインストールするため、複数のソフトウェアを1つずつインストールする必要がある場合は困難になります。 これは時間の無駄のようです。 これまでNiniteやAllMyAppsなどのユーティリティを使用してきましたが、これらのユーティリティの最大の問題は、ユーザーがこれらのツールによって提供されるユーティリティのみをインストールするように制限されており、新しいPCごとにインストールを開始するためにすべてをダウンロードする必要があることです。 まず、複数のソフトウェアをサイレントにインストールおよび更新するために使用したいくつかのツールについて説明します。 これらのユーティリティは、最も人気のあるプログラムをPCに1回だけインストールしたい場合に役立ちます。 ニナイト ニナイト 無人インストールモードを使用して複数のプログラムをインストールするための最も一般的なツールです。 Ninite Webサイトからインストールするプログラムを選択するだけで、その後自動的にインストールが続行されます。 AllMyApps AllMyAppsは、Niniteよりもはるかに多くのプログラムをサポートしています。 これには、フリーウェアとインストール用の商用ソフトウェアが含まれています。 唯一の落とし穴は、AllMyAppsが選択したプログラムをインストールするにはアカウントを作成する必要があるということです。 他の同様のソフトウェアには、Ketarin、Npackd、WPKG、SSDownloader(セキュリティ関連のアプリのみ)、Soft2base、Appmatic、 インストールするだけ とスピードインストール。 これらのツールは、同じソフトウェアセットを複数のシステムにインストールする場合、または上記のツールのいずれのリポジトリにも含まれていないアプリをインストールする場合にはあまり役立ちません。 この問題の解決策は、サイレントインストールヘルパーです。 広告 サイレントインストールヘルパー Silent Install Helperは、すばらしい自動ソフトウェアインストールツールです。 複数のコンピュータに一度に複数のソフトウェアをインストールすることができます。 Niniteのように各ソフトウェアセットアップを何度もダウンロードせずにこれを行います。 この機能は、ドメイン環境に選択したソフトウェアをインストールすることもできるNiniteProでのみ使用できます。 Silent Install Helperは、サポートされているすべてのソフトウェアをサイレントに自動的にインストールします。 サポートされているセットアップインストーラーには、Inno Setup、Smart、Wise、Nullsoft...